利用者負担制度の使途

1. 富士山保全協力金の使途

富士山保全協力金については、富士山の顕著な普遍的価値を後世へ継承するため、

  1. 富士山五合目以上の新規事業及び事業の拡充
    (富士山の環境保全、登山者の安全対策、富士山の顕著な普遍的価値の情報提供)
  2. 富士山保全協力金の実施経費

に使わせていただきます。

具体的な使い道については、毎年、「静岡県富士山保全協力金事業選定委員会」及び静岡県議会による審議の上、決定いたします。

なお、富士山保全協力金は、平成26年3月に設置した静岡県富士山後世継承基金において、適切に管理されております。

平成28年度分の使途(予定)

平成28年度に皆様にご協力いただいた富士山保全協力金については、平成28年度に次の事業を実施するために使わせていただきます。

(単位:千円)

区分 事業概要 金額
富士山の環境保全 山小屋トイレ新技術の調査・検討、富士山植生の地理的分布調査、外来植物侵入防止対策、環境配慮型トイレの改修、登山道の巡視 18,900
登山者の安全対策 富士山衛生センター(救護所)の開設期間の延長、安全誘導員の配置、下山道の安全管理、下山道標識の改修、登山者動向調査、登山者数実測調査 30,626
49,526

平成26年度・27年度分の使途

平成26年度及び平成27年度に皆様にご協力いただいた富士山保全協力金については、平成27年度に次の事業を実施するために使わせていただきました。

(単位:千円)

区分 事業概要 金額
富士山の環境保全 山小屋トイレの改修、山小屋トイレ新技術の調査・検討、屋外排泄物禁止看板の設置、環境保全マナー啓発、登山道紹介映像の制作 41,570
登山者の安全対策 山小屋へのヘルメット・防塵マスク・ゴーグル等の配備、富士山衛生センター(救護所)の開設期間の延長、下山道の安全管理、登山者動向調査、登山者数実測調査 30,948
実施経費 富士山保全協力金の実施経費、五合目での情報提供 12,000
84,518

平成25年度分の使途

平成25年度に社会実験として皆様からご協力いただいた富士山保全協力金1,497万5千円を、平成26年度に次の事業を実施するために使わせていただきました。

(単位:千円)

区分 事業概要 金額
富士山の環境保全 山小屋トイレ新技術の調査・検討、富士山の植生調査、登山道の浸食調査 5,200
登山者の安全対策 登山者動向調査、登山者数実測調査 8,700
富士山の顕著な
普遍的価値の情報提供
静岡県公式ホームページ「世界遺産富士山とことんガイド」の開設 1,000
14,900

富士山保全協力金にご協力いただきありがとうございます。

今後とも、富士山の保全のために、ご支援、ご協力いただきますようお願いします。

2. 富士山寄附金の使途

富士山の顕著な普遍的価値の後世への継承のために、民間企業や個人の方から多大な寄付をいただいております。
静岡県では、富士山の保全のための取組をさらに推進するため、平成26年3月に富士山後世継承基金を設置し、適切に管理しております。

平成28年度分の使途(予定)

(単位:千円)

区分 事業概要 金額
富士山の環境保全 富士山麓不法投棄防止パトロール 等 4,600
登山者の安全対策 登山者動向調査、登山者数実測調査 等 6,400
構成資産関係 構成資産のアクセス道周辺の森林の修景伐を行う森林整備者等への支援 1,000
12,000

平成26年度・27年度分の使途

(単位:千円)

区分 事業概要 金額
富士山の環境保全 富士地域におけるニホンジカの管理捕獲及びモニタリング調査、山麓周辺道路沿い等の清掃活動、富士山麓の産業廃棄物の撤去活動を実施する団体等の支援 等 6,805
登山者の安全対策 登山者動向調査、登山者数実測調査、下山道の安全管理 等 13,216
構成資産関係 富士山世界遺産センター(仮称)の開館に向けた準備 等 3,000
23,021

平成25年度分の使途

(単位:千円)

区分 事業概要 金額
富士山の環境保全 山小屋調査、マイカー規制時(須走口)観光バス動向調査、登・下山道調査 3,000
登山者の安全対策 ガイドラインリーフレット(ポルトガル語)の作成、安全登山情報の提供、トラブル対応ガイドブックの作成 4,269
構成資産関係 構成資産のアクセス道周辺の森林の修景伐を行う森林整備者等への支援 3,710
10,979

また、富士山の環境保全のために、これまでに車両を2台(計716万円相当)寄附していただきました。富士山の環境保全のためのマナー啓発活動等に使用させていただいております。

車両寄付贈呈式
車両寄付贈呈式

静岡県知事 川勝知事(左)、マックスバリュ東海株式会社 神尾代表取締役社長(右)

寄付金贈呈式
寄付金贈呈式
イオンリテール株式会社 辻東海・長野カンパニー支社長(左から二人目)、静岡県 土屋副知事(中央)、マックスバリュ東海株式会社 神尾代表取締役社長(右から二人目)

富士山寄附金にご協力いただきありがとうございます。

今後とも、富士山の保全のために、ご支援、ご協力いただきますようお願いします。