富士山が世界遺産に選ばれたわけ

構成資産について / 構成資産紹介

吉田口登山道 よしだぐちとざんどう [富士吉田市/冨士河口湖町]

ここが! 構成資産!

富士講信者の登山本道

北口本宮冨士浅間神社を起点とし、富士山頂を目指す登山道。14世紀後半には参詣の道者のための宿坊も出来始め、大勢の人々が登るための設備が整うようになりました。富士講(ふじこう)隆盛の礎を築いた食行身禄(じきぎょうみろく)が、信者の登山本道をこの吉田口と定めたため、富士講の信者が次第に増加した18世紀後半以降は、最も多くの人々によって利用されています。

より大きな地図で 富士山 世界文化遺産 構成資産 を表示