富士山が世界遺産に選ばれたわけ

構成資産について / 構成資産紹介

河口浅間神社 かわぐちあさまじんじゃ [富士河口湖町]

ここが! 構成資産!

富士山と密接に結びつく北麓の神社

9世紀後半に起こった噴火を契機に、北麓側に初めて建立された浅間神社であると伝えられています。浅間神社を中心とした河口の地は、富士登拝が大衆化した中世後半から江戸時代まで御師集落として発展を遂げました。現在も富士山と密接に結びついた宗教行事を行っています。

より大きな地図で 富士山 世界文化遺産 構成資産 を表示