富士山が世界遺産に選ばれたわけ

構成資産について / 構成資産紹介

富士山本宮浅間大社 ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ [富士宮市]

ここが! 構成資産!

浅間大社の起源であり、総本宮

富士山を鎮めるため浅間大神として祀った神社が浅間神社であり、富士山本宮浅間大社はその起源であり、総本宮です。社伝によれば、山宮から現在地に遷座されました。9世紀ごろから武将の信仰を集め、源頼朝・北条義時・武田信玄勝頼親子が崇敬を寄せていました。特に徳川家康から手厚い保護を受け、現存する社殿の造営、さらに寄進をきっかけに富士山八合目以上を御神体として管理しています。境内にある富士山の水が湧く「湧玉池」では、道者が登山前の水垢離を行っていました。

より大きな地図で 富士山 世界文化遺産 構成資産 を表示

富士山構成資産ドライブマップ

富士山構成資産ドライブマップ