富士山が世界遺産に選ばれたわけ

構成資産について / 構成資産紹介

山宮浅間神社 やまみやせんげんじんじゃ [富士宮市]

ここが! 構成資産!

古代の富士山祭祀を示す、遙拝所

富士山本宮浅間大社の前身で、日本武尊が創建したと伝わっています。噴火を鎮めるために山を遙拝した様子がうかがえ、古代の富士山祭祀の形を想像させる史跡。本殿に当たる場所に建物がなく、そこに築かれたのは富士山を望む遙拝所だけです。富士山を直接遙拝し、祭儀を行っていたと推定されます。溶岩流の先端部に位置する遙拝所の周囲には溶岩礫を用いた石塁が巡り、遙拝所内部の石列の主軸が指すのは富士山です。

より大きな地図で 富士山 世界文化遺産 構成資産 を表示

富士山構成資産ドライブマップ

富士山構成資産ドライブマップ