富士山が世界遺産に選ばれたわけ

構成資産について / 構成資産紹介

北口本宮冨士浅間神社 きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ [富士吉田市]

ここが! 構成資産!

浅間大神を祀る歴史ある神社

浅間大神(あさまのおおかみ)が祀られていた遙拝所を起源とし、1480年には「富士山」の鳥居が建立され、16世紀半ばには浅間神社の社殿が整っていました。富士講とのつながりが強く、1730年代に富士講の指導者である村上光清(むらかみこうせい)の寄進によって建造物群の修復工事が行われ、現在にみる境内の景観の礎が形成されました。

より大きな地図で 富士山 世界文化遺産 構成資産 を表示