富士山が世界遺産に選ばれたわけ

構成資産について / 構成資産紹介

三保松原 みほのまつばら [富士吉田市]

ここが! 構成資産!

富士山を臨む羽衣伝説の地

富士山頂の南西約45kmに位置し、構成遺産としては最も遠くに位置しています。駿河湾を臨む砂嘴の総長は約7kmに及び、約3万5,000本の松林に覆われた景勝地です。三保松原は『万葉集』以降多くの和歌の題材となり、謡曲の舞台にもなりました。天女と地元の漁師との交流を描いた「羽衣伝説」はあまりにも有名です。15~16世紀以降は、三保松原を手前に配した構図が富士山画の典型となり、日本人がイメージする富士山として定着しました。特に「羽衣の松」の付近からの松原越しに臨む富士山は絶景といわれています。

より大きな地図で 富士山 世界文化遺産 構成資産 を表示

富士山構成資産ドライブマップ

富士山構成資産ドライブマップ